なた豆茶の効能とおすすめなた豆茶のご紹介!蓄膿症や口臭、腎臓に効くって本当?

 

なた豆茶の効能とおすすめなた豆茶

 

 

なた豆茶の原料となるなた豆はトウズやタチナメ、タテハキともよばれ
1年草のマメ亜科の植物となります。

なた豆の鞘は非常に大きく育ち大きいもので50cmほどにもなります。
そういった鞘の形からなた豆という名前の由来となっています。

なた豆は江戸時代に清から伝わり漢方薬として重宝されてきました。
最近では健康食品や健康茶の原料として一般的に人気となっています。

そんななた豆を使って作られるなた豆茶の効能と副作用についてご紹介します。

 

 

なた豆茶の効能はどうなの?蓄膿症や口臭に効く理由は?

なた豆茶の効能はどうなの?蓄膿症や口臭に効く理由は

 

なた豆茶の効能は排膿作用(膿を出す)のお薬として
江戸時代から重用され腎臓の働きを助け、蓄膿症や歯槽膿漏の改善、
痔ろうにも効果があるとされています。

 

その他にも血行促進や抗炎症作用、免疫力の向上など
様々な身体に良い効能が確認されています。

 

なた豆茶がこれだけの効能を持つ理由はカナバニンとよばれる
有効成分がありカナバニンはなた豆特有の含有成分となります。

 

特にカナバニンの排膿効果は強く作用し
膿によって引き起こされる炎症をしっかりと鎮めてくれます。

 

また最近ではなた豆茶に含まれるカナバニンだけでなく
コナカナバリンAとよばれる物質のがん細胞の抑制効果にも
注目が集まり研究や検証が行われています。

このようになた豆には炎症を抑える効能、膿を排出してくれる効能、
そして腎臓の働きを助けてくる効能が大きな3つの効能となっています。

 

なた豆の3つの効能

  • 炎症を抑える効能
  • 膿を排出してくれる効能
  • 腎臓の働きを助けてくる効能

 

 

なた豆茶が蓄膿症に効く理由は?

なた豆茶が蓄膿症に効く理由は

 

なた豆茶を検討されている方で一番の多い悩みとなっているのが蓄膿症です。

蓄膿症とは副鼻腔炎とも言われ3ヶ月以上も副鼻腔に膿が溜まって
炎症を起こしている状態をいいます。

 

蓄膿症を発症中は強烈なにおいを伴う事が多く、
蓄膿症と併せて口臭・体臭などにも悩まれている方が多いのが特徴です。

 

そんな蓄膿症になた豆茶の効能であるカナバニンの強烈な排膿作用
この副鼻腔炎、蓄膿症の原因となる溜まった膿をしっかりと
対外へ排出する効能が期待できます。

 

そんな副鼻腔に溜まった膿をしっかりと排出し
再び炎症を起こす事を防いでくれるのがなた豆茶の大きなポイントと言えるでしょう。

 

実際に蓄膿症で悩んでらっしゃった方は
家族から臭いと言われ悩んでいましたがなた豆茶を飲み始めてから
少しずつ臭いが減っていき2ヶ月ほどで膿がなくなり
膿の臭いが完全に改善したという報告もあります。

 

なた豆茶を飲み始めて2ヶ月ほどで鼻をかんでみると
ずるっと今までなかった程の膿が取れ、とても爽快になったそうです。

 

今まで副鼻腔炎で腫れていた炎症がなた豆茶の効能で納まり
溜まった膿がドバっととれたのだと思います。

 

このようになた豆は昔から抗炎症作用と排膿効果により
蓄膿症に特に効能が高いと言われているのです。

 

 

なた豆茶が口臭に効能がある理由は?

なた豆茶が口臭に効能がある理由は?</

 

なた豆茶が口臭に効能があると言われている理由は
やはりなた豆に含まれるカナバニンの作用となります。

 

口臭には色々な原因がありますが
特に蓄膿症由来の口臭や口内の炎症、膿が原因の場合に
なた豆茶が特にその効能を発揮します。

 

特に蓄膿症の口臭は悪化してくれると膿の臭いがきつくなり
その臭いは雑巾が生乾きしたような臭いとも言われています。

 

しかしなた豆茶を飲み始めて2ヶ月ほどで炎症が抑えられ
膿が排出されるので劇的に口臭が改善されるのです。

 

また蓄膿症では鼻呼吸が上手に行えないため
呼吸のほとんどが口呼吸となってしまいます。

 

口呼吸がメインとなってしまうと本来口の中の雑菌の繁殖を抑え
雑菌を排除してくれる唾液も乾いてしまい余計に
口臭が強くなる悪循環となってしまいます。

 

なた豆茶の口臭予防・改善の効能はこういった
蓄膿症から来る口臭や臭いが劇的に改善するために
なた豆茶が口臭に効能が強いと言われるようになりました。

 

ちなみに蓄膿症に効果のあるカナバニンはなた豆特有の含有物質となっており
カナバニンでの排膿・抗炎症を期待する場合はなた豆茶のように
なた豆をメインに使った商品が必要となってきます。

 

 

なた豆茶の効能で腎臓が元気になる理由は?

なた豆茶の効能で腎臓が元気になる理由は?

 

なた豆茶を飲んでいる方で腎臓が元気になってきたという報告も
いくつか見受けられます。

 

腎臓病はひどくなると人工透析が必要になってきます。
なぜなた豆茶で腎臓機能が回復してくるのでしょうか。

 

それはやはりなた豆の排膿効果が強く鍵を握っています。

 

なた豆には排膿効果を高めてくれるウレアーゼとよばれる
酵素がたくさん含まれています。

 

このウレアーゼをしっかりと働かせることで
腎臓機能がとても元気になっていきます。

 

ご存知の通り膿は白血球などの死骸で
体内の老廃物のひとつとなります。

 

腎臓はその老廃物をろ過してくれる器官です。

 

そのため排膿効果の強いなた豆茶は
弱った腎臓のろ過機能を助けて腎臓への負担を軽くしてくれるのです。

 

こういった作用からなた豆茶は腎臓が元気になってくるといった
口コミが広がるようになったのです。

 

腎機能の低下で人工透析を受けている方が尿が出ない事が多いですが
なた豆茶を飲み続ける事で尿が少し出るようになったという報告もあります。

 

なた豆の効能が腎臓の手助けをしているのがわかりますね。

 

またなた豆が清から伝わった江戸時代には
医学書にも腎機能を向上させる薬効があると
いくつも書かれているのが発見されています。

 

なた豆は腎臓の機能を回復させる効能ではなく
腎臓の働きを助けてくれる効能があるというのが正しい表現となっています。

 

 

なた豆茶に副作用はあるの?

なた豆茶に副作用はあるの?</

 

続いてなた豆茶の副作用についてご紹介しておきます。

 

とはいっても現在の所、
なた豆茶で副作用や健康被害が報告されている事はありません
なた豆茶はかなり安全な食品といってもよいと思います。

 

しかし注意点が一つだけあります。

 

それはなた豆茶には副作用はありませんが
原材料のなた豆には強いアクがあり、そのアクをしっかりと取り除かいないと
吐き気や下痢、吹き出物などの副作用がでる場合があります。

 

なた豆の効能はとても強く、しっかりと処理しないと
逆に人体に影響を及ぼしてしまいます。
そのためなた豆を素人が処理をすると
下痢や嘔吐といった副作用が現れる場合があります。

 

なた豆は下処理をしっかりしないと副作用が強いために
スーパーなどで野菜としてなた豆を見かける事がほとんど無いのです。

 

なた豆自体の取り扱いには注意が必要となりますが
なた豆茶として商品になっている物はアク抜きがしっかりと行われ
最初に書かせて頂いた通り健康被害や副作用は全く報告されていない
とても安全な健康食品となっています。

 

それでは副作用が無い事も判明したので
おすすめのなた豆茶をご紹介させていただきます。

 

おすすめのなた豆茶はこれ!

なた豆茶おすすめ

 

蓄膿症や口臭、腎機能の手助けをしてくれるなた豆茶ですが
おすすめのしたいなた豆茶は何と言っても京都やまちやの美撰なた豆茶です。

京都というとおいしい緑茶というイメージですが
京都のお茶屋さんではなた豆茶も作られています。

 

そんな京都やまちやの美撰なた豆茶は159万袋の販売実績のある
とても人気のなた豆茶となっています。

 

京都やまちやの美撰なた豆茶はなた豆に加えて玄米や黒豆、ハブ茶、
桑の葉を加えて子供でもとても飲みやすいおいしいなた豆茶となっていますよ。

 

京都やまちやの美撰なた豆茶は3gずつのティーパックになっていて保存料も使われていません。
冷たいお茶でも温かいお茶でも両方楽しむ事ができます。
美撰なたまめは冷やしてもおいしい保存料なし

ティーパックなら捨てるのも簡単ですし地味ですがうれしい心配りですよね。

 

 

おすすめなた豆茶のお値段は?

 

京都やまちやの美撰なた豆茶はお値段は
税抜き2839円と送料となっています。

 

さらに定期購入となるトクトク定期コースなら10%OFFで
お得に美撰なた豆茶を購入する事ができます。

 

定期購入と言っても2回目以降ならいつでも
変更や休止が可能となっているので安心してお申し込みができます。

 

なた豆茶での蓄膿症の溜まった膿がずるっと取れた報告も
2ヶ月なた豆茶を続けた場合だったので蓄膿症にお悩みの方は
2回分の2ヶ月でぴったりだと思いますよ。

 

また腎機能の低下などの理由でなた豆茶を検討されている方は
3か月ごとに3袋が届く黄金定期コースも用意されているので
是非検討してみてくださいね。

 

黄金定期コースはさらに13%OFFの2469円に送料無料となるので
定期購入コースよりもさらにお得になりますよ。